ドクターズ日記/内田毅クリニックは腰痛、ヘルニア、狭窄症の脊椎専門クリニック

HOME > ドクターズ日記

当院は脊椎専門クリニックとして、外来治療ならびに手術治療を提供しています。

当院は脊椎専門クリニックとして、外来治療ならびに手術治療を提供しています。

対象は、頚椎・胸椎・腰椎疾患のすべてを対象に、大病院とは異なった、より親密で、皆様の訴えを真摯に受け止めながら、より良い治療を目指しています。

さて、はじめに脊椎手術とはどんなものなのか、院長が行っている手術治療について、簡単にお知らせします。

# 脊椎MIS(Minimally Invasive Surgery:最小侵襲手術)手術って何ですか?

脊椎の手術には、たくさんの方法があります。中でも大きな流れとして、2つの種類-除圧術と固定術-に分けられます。

従来の手術では、大きく切開して、広い視野と術野のもとに行われていました。しかし、欠点として大きな筋組織の障害、術後の痛み、入院期間の長期化が問題となっていました。

低侵襲手術(MIS)は、従来の手術法と比較して、小切開で、筋組織への障害を減らすことで、入院期間の短縮・術後の疼痛をできるかぎり軽減させる目的で行われています。

そのためには、最新の技術の導入が必要です。内視鏡・顕微鏡、術中イメージ装置、ナビゲーション装置などを用いて、脊髄や神経に対してより安全な脊椎手術を行っていくことが、MISの目的です。

内視鏡手術
photo11-300x225.jpg

顕微鏡手術
photo21-300x225.jpg

 

# 脊椎の手術は安全ですか?

日本整形外科学会では専門医制度があります。

しかし、脊椎の手術は特に難易度が高く、手術を受けられる皆様も脊椎の手術に対して不安が強いかと思います。

私の所属する日本脊椎脊髄病学会では脊椎外科専門医として、脊椎外科指導医制度を設けています。

指導医の先生が、注意深く手術を行うことで、より安全性が高く、手術成績も安定した脊椎手術が可能となっています。

# 腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に対する手術法と入院期間について教えてください。

内視鏡や顕微鏡を用いて16mm~20mm程度の皮膚切開で行うMIS手術が現在は主流になっています。

従来法(肉眼での手術)では、手術部位の視野の確保や光源の確保のために、どうしても50mm以上の皮膚切開が必要となっていました。

しかし、最新の内視鏡や顕微鏡を用いると、16mmないしは18mmの直径の円筒状のチューブを使うことで、脊椎周囲の筋肉組織に対し、

従来法と比較して余分な軟部組織への障害を抑えることが可能となり、同時に拡大された視野のもとで、神経組織に愛護的な手術操作が可能となりました。

内視鏡手術
photo31-300x225.jpg

顕微鏡手術
photo41-300x225.jpg

入院期間は、数日~7日間程度の入院が必要となります。

早期の退院も可能ですが、やはり全身状態が落ち着くまでには、少し時間が必要ですので、7日程度の入院を勧めています。

# 脊椎固定術って何ですか?

腰椎変性すべり症、腰椎分離すべり症、腰椎変性側彎症、脊椎骨折などでは、脊椎の安定性が破綻したことが原因で、

腰痛や下肢症状が発症している場合には、除圧術のみでは対処できないことがあります。

その場合には、チタン製のスクリューを用いて、脊椎の安定性を獲得することにより、症状の改善を得ることができます。

この手術の利点は、確実な神経の除圧が得られること、脊椎の安定性が得られ、症状の改善には非常に有効です。

同時に、椎体間固定術(PLIF)を行うことで、椎間の変形の矯正、すべり椎の矯正、脊柱変形の矯正に有効な手技です。

大きな手術ですが、入院期間は2~3週間程度です。

最近は、この固定術にもMISが取り入れられ、MIS-TLIFという固定術が行われています。

直径16mmの円筒チューブを用いた内視鏡下の腰椎椎間板ヘルニア手術
photo5-11-225x300.jpg

直径18mmの円筒チューブを用いた顕微鏡下の腰部脊柱管狭窄症の手術
photo5-21-225x300.jpg

テレビモニターを見ながらの内視鏡手術
photo5-31-225x300.jpg

顕微鏡下での手術
photo5-41-225x300.jpg

腰椎後方除圧固定術
photo5-51-225x300.jpg

腰痛は消失し、以前の仕事に復帰している。

低侵襲な腰椎後方除圧固定術(MIS-TLIF)。

photo6-11-300x225.jpg

photo6-21-300x225.jpg

photo6-31-300x225.jpg

経皮的な脊椎固定術と小切開を用いた手術を示す。


 

院長からの重要なポイント~若年者の特発性側彎症~

【院長からの重要なポイント】

若年者の特発性側彎症は、やはり定期的な脊椎外科専門医の診察を受けることが大切です。

1)側彎症例では、特に本人よりも御両親が心配されることが多く見受けられます。あまりに脊柱変形を気にしすぎますと、子供さんの心理的な負担が大きくなります。

特に日常生活動作や運動には制限は必要ありませんので、本人の好きな運動は自由に続けさせたほうがよいと思います。

2)治療方法には、変形の程度により保存的治療(運動療法、コルセットによる矯正など)と手術治療があります。

年齢や変形の程度、変形の進行の程度に応じた治療の選択が必要です。民間療法に頼らず、必ず脊椎専門医に相談してください。

3)最初は軽度の変形でも、定期的に診察を受けていないと、知らない間に高度な脊柱変形まで進行してしまう症例があります。

高度な変形例では、胸郭の変形に伴い呼吸機能障害も起こります。

また、成長期をすぎたからといって変形の進行が止まったわけではありません。そのため、軽度な変形だからといって放置しないで、定期的な診察・専門医のアドバイスが必要です。

15歳女性 特発性側彎症手術

blog3.jpg3月4日(木曜日)は、15歳女性、相模原市在住の方です。

高校入学直前の特発性側彎症手術でした。

15歳と若い年齢の割に脊柱の可動性が低く、矯正が難しいのではないか心配されました。

青葉さわい病院での2例目の側彎症手術でした。しかし、スタッフも慣れて来たために、手術は順調に進み、比較的短時間で終了できました。

術後の姿勢や美容上の改善に、お母様や御本人も大変満足していました。

22歳女性 脊柱変形が高度に進行した症例

blog2.jpg3月3日(水曜日)は、第17回日本脊椎脊髄手術手技学会の会長として、関東労災病院において、かなり高度の特発性側彎症に対する手術指導を行いました。

若手医師に脊椎手術手技を指導する講習会の一環として、毎年行われている講習会です。

今回も、全国から多くの脊椎外科医や脳外科医が集まりました。

今回の症例は、22歳女性、所沢市在住の方です。

数年の経過で、脊柱変形が高度に進行した症例でした。

通常、側彎症の手術には術前に自己血を採血しておき、これを手術中に輸血として使用するのですが、こういった自己血や日赤の輸血が本人の都合により使用できないという難しい条件の下に行われました。

そのため、手術前のプランとして、どこまで矯正を加えるのかが重要なポイントになりました。
結局、手術時間5時間、出血量423mlで、輸血の必要のなく無事に終了しました。

やはり、厳しい条件下での手術は心理的にも肉体的にもストレスが高いですが、患者本人や家族の非常に満足した声を聞きますと、たいへん勇気付けられるものです。

19歳女性の側彎症手術です。

blog1.jpg

2月25日(木曜日)、19歳女性の側彎症手術です。

数年前から外来で治療を行っていましたが、腰痛によりバスケットボールができなくなり、腰痛改善と変形の矯正目的で手術となりました。

35度の変形が3度に矯正されました。

合併症もなく、手術後3日目には痛みも解消し、身体の外見上も矯正され、本人・御両親ともに満足し、術後12日で退院しました。

青葉さわい病院での初の側彎症手術でした。

スタッフの皆さんも緊張していたと思いますが、スムーズに進行したと思います。

内田毅クリニックのwed siteにようこそ。

op-300x225.jpg

当クリニックは脊椎外科のスペシャリストとして、腰痛・下肢痺れ・歩行障害でお苦しみの皆様に、保存的治療から手術的治療まで、最新の医療を提供しています。

脊椎手術は、内視鏡や顕微鏡を用いたMIS(最小侵襲手術)から、難易度の高い脊柱変形の治療まで、個人の病態に応じて、最善の治療・手術を目指しています。

このサイトでは院長手術報告とその手術に関連した病気に対する注意ポイントを述べています。

少しでもお役に立てればと思っています。

春休みのシーズンになり、学校の休みが控えているため、学生の特発性側彎症の手術が続きました。皆様にはあまりなじみのない病名ですが、

小学校や中学校の健診や胸部のレントゲン撮影により、脊柱の変形を指摘されて、初めて脊椎外科専門医を受診する例が多いものです。

3件の特発性側彎症例を報告します。

 

アーカイブ

このページのトップへ