内田毅クリニックは腰痛、ヘルニア、狭窄症の脊椎専門クリニックです。神奈川県 川崎市|脊椎外科・整形外科・リハビリテーション科

内田毅クリニック~神奈川県 川崎市の腰痛、ヘルニア、狭窄症の脊椎専門クリニックトップ画像 内田毅クリニック~神奈川県 川崎市の腰痛、ヘルニア、狭窄症の脊椎専門クリニックトップ画像2 内田毅クリニック~神奈川県 川崎市の腰痛、ヘルニア、狭窄症の脊椎専門クリニックトップ画像3
2018/04/20 現在、柔道整復師の募集をしております。
応募される方は 080-4883-3535までご連絡ください。
2017/12/01 年末年始休暇のお知らせ
12月30日~1月4日まで年末年始休暇とさせて頂きます。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い致します。
2017/07/18 夏季休暇のお知らせ
8月10日~15日まで夏期休暇をいただきますので、ご了承いただきますようお願い申し上げます。
2017/04/17 ゴールデンウイークの診察について
GWはカレンダー通りの診察日です。
2016/10/19 メディア掲載
[2016年 9月20日~24日]
日刊スポーツ新聞 「名医に聞く 腰部脊柱管狭窄症」 に連載

[2016年 9月]
9月に日刊スポーツ新聞に、「名医に聞く、腰部脊柱管狭窄症」が5回にわたり連載で掲載されました。
2014/05/21 メールでの『腰痛相談』を行なっております。
当クリニックではメールでの腰痛相談を受付しております。

上記タイトル、もしくは左メニューにあります腰痛相談をクリックいただけますと、

相談メールフォームが表示しますので、項目入力の上、送信ください。
2014/01/23 最新型のMRI装置を設置します。
2014年4月から、最新型のMRI装置を設置します。
今後より迅速で、正確な診断・治療を行ってまいります。
4月から予約を受け付けいたします。
平成26年4月14日から、当院でMRI検査(G-Scan)が始まりました。

【当院のMRIの特徴】

・オープン型MRのため、閉所恐怖症の方にも無理なく検査が出来ます。

・通常のMR検査 は、横になって撮影しますが、
G-Scanでは臥位から立位まで自由に動かせる点に特徴があります。

MRI検査(G-Scan)

多くの症状や病理状態は、患者様が体重負荷状態にあるときに起こり、強調されます。

そのため、従来型MRIでは、原因をはっきり特定できないことがあります。

この新しいMRIは、立位による体重負荷を加えることで、より患者様の病態に近い状態で検査・診断が出来ます。

腰部脊柱管狭窄症腰椎椎間板ヘルニアなどの腰椎疾患や頚椎椎間板ヘルニア頚椎症性頚髄症などの姿勢による
影響の強い脊椎疾患に対して、より正確な診断が可能となりました。

また、脊椎だけでなく、股関節膝関節に負荷を加えることで、より歩行時の痛みの原因を診断しやすくなります。

MRI検査(G-Scan)

立位の撮影により、神経の圧迫が明らかになっているのがわかります。

検査等を御希望の方は、当院にお電話ください。

内田毅クリニックは脊椎外科・整形外科・リハビリテーション科

「腰痛」、「手足しびれ」、「歩行障害」、「関節痛」などは、日常生活の大きな障害となる原因です。

当クリニックでは地域のホームドクターとしてばかりでなく、関東労災病院整形外科部長 脊椎外科部長・脊椎脊髄腰痛センター長としての長年の経験を生かし、脊椎外科専門クリニックとして皆様の「腰痛」、「手足しびれ」、「歩行障害」、「関節痛」などをきたす疾患に対して、保存的治療(内服、運動療法、神経ブロックなど)から手術的治療まで、個人個人の疾患に適した治療を提供しています。

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症、脊柱変形(子供の特発性側彎症、大人の変形性側彎症)など、なかなか症状が改善しない場合、いろいろな治療を行ってもよくならない場合などお気軽に相談してみてください。なにか解決手段が見つかると思っています。

腰痛・しびれ・歩行障害などの疾患を長年の経験で診療します

院長:内田毅(うちだたけし)

1959年生まれ、群馬県出身。
大分医科大学医学部卒業。

脊椎手術3400症例以上、関節・骨折などの手術500症例以上、また海外にて手術研修の多数参加を経験し、日本脊椎脊髄手術手技学会会長も務める背骨のエキスパート。

地域の整形外科疾患のホームドクターとして、高度な脊椎専門医療、最少侵襲脊椎手術を提供している。

院長経歴ページへ

このページのトップへ